ホルモンバランスの乱れにエストロモン

女性ホルモン剤「エストロモン」とは

プレマリン錠のジェネリック薬

 

女性ホルモン剤「エストロモン」は結合型エストロゲンを有効成分とする医薬品の一つです。
日本国内では同じ結合型エストロゲン製剤としてプレマリン錠が承認・販売されています。
成分もプレマリンと同じで、価格が安いので人気があります。
主な成分はエストロゲンです。
ホルモンバランスの乱れによる症状の緩和や更年期障害などの婦人病のほか、性同一性ホルモンの治療などにも使われます。
従って、更年期障害、卵巣欠落症状、卵巣機能不全症、性同一性障害などに用いられます。
特に更年期障害では女性ホルモンの減少を原因として、倦怠感、頭痛、ホットフラッシュ、動悸、イライラしたり泣きたくなったりするなど感情の起伏が激しくなるという症状が現れます。
このような場合にエストロモンを服用すると、こういった症状が緩和されます。

エストロモンは日本国内では承認されていない海外のジェネリック医薬品ですが個人輸入や輸入代行業者を介して入手することができます。
個人輸入によって海外のジェネリック医薬品を入手した場合、日本の健康保険は使用できませんが価格が安価であるため病院にいって処方してもらうよりも安く入手できることがあります。

効果・効能について

女性ホルモンの不足に

 

エストロモンの効果・効能・成分については、プレマリンと概ね同様と考えてよいです。
エストロモン製剤を投与することで女性ホルモンを補てんすることができます。
そのため卵巣欠落症状・卵巣機能不全症・更年期障害といった女性ホルモンの不足や不均衡による疾患の治療に適用されます。
また、骨粗鬆症にも一定の効果があると言われています。
重大な副作用として血栓症や血栓塞栓症などがあらわれることがありますので輸入品を自己判断にて使用する際には注意しておきたいポイントになります。
軽度の副作用として吐き気やむくみなどが生じることがあるためそれらの症状を感じたら医師に相談しておくとよいです。

  
Copyright © エストロモンの情報サイト. All Rights Reserved.