ホルモンバランスの乱れにエストロモン

プレマリンとエストロモンの効能などの違いについて

 

女性ホルモンのひとつである卵胞ホルモンを補う目的で用いられているのが、プレマリンやエストロモンというホルモン剤です。
プレマリンとエストロモンの効能などの違い
両方とも成分はエストロゲンで、女性ホルモンの減少が見られる更年期の女性や閉経した女性などに処方されることが多いです。
プレマリンとエストロモンは効果や効能もほとんど同じであり、その違いはプレマリンが先発医薬品であり、エストロモンが後発医薬品であるという点です。
そのため、先発医薬品は巨大な研究開発費をかけて開発されるため、その分が販売価格に上乗せされて高めの価格で販売されているのです。

先発医薬品の特許が切れた後は他のメーカーが製造できますので、後発医薬品であるジェネリックは比較的安い価格で販売することが可能なのです。
このように、同じ女性ホルモンを補う目的のホルモン剤であっても価格には大きな違いがあるのです。
また、先発医薬品と後発医薬品では有効成分が同じであっても、添加物が異なる場合もありますので、効果・作用が全く同じというわけではありません。
薬を包んでいるコーティングに違いがある場合には、溶けだす時間もそれぞれ異なりますので成分の吸収にも差が出てくるのです。

このように、近ごろでは、さまざまな特徴をもった薬が豊富に用意されています。
一人一人の体質や症状に最も合った薬を服用することが大切です。
安全な医薬品を服用するためには、専門の医師や薬剤師に不安な点などを相談して、納得した上で使用すると安心です。

これからは、医薬分業の流れがますます進んでいくことになりますので、しっかりと安全性に注意して利用することが重要です。

▼▼▼エストロモンがまとめ買いで安い!▼▼▼
エストロモンの個人輸入ならTOP

プレモン

 

通販で買えるエストロモン 売れ筋ランキング

 
  • エストロモン

    第1位エストロモン

    エストロモンの有効成分が女性ホルモンのひとつである「卵胞ホルモン」を補う作用があり、通常「更年期障害」の治療に用いられます。

    複数注文で割引あり!

  • プレマリン

    第2位プレマリン

    プレマリン0.3mgは女性ホルモンの“卵胞ホルモン”を補うお薬です。
    おもに更年期障害の治療に用います。

    複数注文で割引あり!

  • プロベラ10mg

    第3位プロベラ10mg

    黄体ホルモンの不足やバランスのくずれで起こるさまざま症状を改善に使用されます。

    複数注文で割引あり!

  • エストロジェル

    第4位エストロジェル

    天然の女性ホルモンエストラジオールを含有するゲル外用剤は、塗りこむだけで体内に女性ホルモンを補えます。パッチ剤ではかぶれるという方に最適です。

    複数注文で割引あり!

  • プロギノバ

    第5位プロギノバ

    閉経前後における女性ホルモン(エストロゲン)減少を主原因とする様々な体の変調や障害〈更年期障害〉を緩和する目的で、女性ホルモン(エストロゲン)補充療法として用いられ、以下のような徴候を軽減させます。

    複数注文で割引あり!

  
Copyright © エストロモンの情報サイト. All Rights Reserved.