ホルモンバランスの乱れにエストロモン

エストロモンの安全性

 

安全性についても確認されており、副作用もプレマリン同様、めまい・乳房の張りや痛み、吐き気やおう吐などありますが、2~3か月で体が慣れてきます。
あまり心配することはありません。長期的に服用すると骨粗しょう症の予防にもなります。
血液を固まりやすくして、止血を助ける作用があり、機能性子宮出血にも使用されます。
逆に注意点としては、血栓症があります。
手足のしびれや息切れ、視力が突然落ちるなどの気になる症状が現れたら注意しましょう。
男性も手軽に飲める女性ホルモン剤で、プレマリン自体が性同一性障害のホルモン療法で使われる薬です。
女性らしい体つきに代わり、乳房が膨らんだりしてきます。
反面、男性ホルモンが抑制され、精子の生成も少なくなり、性的興奮以外で勃起することがなくなるなどの症状が出ますので、女性化を目指す場合は、その点も踏まえて考えましょう。

▼▼▼エストロモンがまとめ買いで安い!▼▼▼
エストロモンの個人輸入ならTOP

プレモン

 

通販で買えるエストロモン 売れ筋ランキング

 
  • エストロモン

    第1位エストロモン

    エストロモンの有効成分が女性ホルモンのひとつである「卵胞ホルモン」を補う作用があり、通常「更年期障害」の治療に用いられます。

    複数注文で割引あり!

  • プレマリン

    第2位プレマリン

    プレマリン0.3mgは女性ホルモンの“卵胞ホルモン”を補うお薬です。
    おもに更年期障害の治療に用います。

    複数注文で割引あり!

  • プロベラ10mg

    第3位プロベラ10mg

    黄体ホルモンの不足やバランスのくずれで起こるさまざま症状を改善に使用されます。

    複数注文で割引あり!

  • エストロジェル

    第4位エストロジェル

    天然の女性ホルモンエストラジオールを含有するゲル外用剤は、塗りこむだけで体内に女性ホルモンを補えます。パッチ剤ではかぶれるという方に最適です。

    複数注文で割引あり!

  • プロギノバ

    第5位プロギノバ

    閉経前後における女性ホルモン(エストロゲン)減少を主原因とする様々な体の変調や障害〈更年期障害〉を緩和する目的で、女性ホルモン(エストロゲン)補充療法として用いられ、以下のような徴候を軽減させます。

    複数注文で割引あり!

  
Copyright © エストロモンの情報サイト. All Rights Reserved.