ホルモンバランスの乱れにエストロモン

エストロモンの副作用

 

エストロモンを服用する際の副作用について次に述べます。
女性が服用した場合には、頭痛、嘔吐感、めまい、月経以外での出血、乳房の張りや痛み、おなかの痛みや不快感などが現れます。
服用し始めてから2、3ヶ月でほとんどの場合このような副作用は軽減するといわれています。
しかし手足にしびれを感じたり、突然息切れしたり、突然視力が低下するといった症状を伴う血栓症になる可能性もあります。
また長く服用すると、子宮がんや乳がんといった発がんのリスクも増加します。
男性が服用すると、女性らしい体型に変化し、精子をつくる機能が衰退し、倦怠感や無気力になったり、血栓症や乳がんになる可能性があります。

▼▼▼エストロモンがまとめ買いで安い!▼▼▼
エストロモンの個人輸入ならTOP

プレモン

 

通販で買えるエストロモン 売れ筋ランキング

 
  • エストロモン

    第1位エストロモン

    エストロモンの有効成分が女性ホルモンのひとつである「卵胞ホルモン」を補う作用があり、通常「更年期障害」の治療に用いられます。

    複数注文で割引あり!

  • プレマリン

    第2位プレマリン

    プレマリン0.3mgは女性ホルモンの“卵胞ホルモン”を補うお薬です。
    おもに更年期障害の治療に用います。

    複数注文で割引あり!

  • プロベラ10mg

    第3位プロベラ10mg

    黄体ホルモンの不足やバランスのくずれで起こるさまざま症状を改善に使用されます。

    複数注文で割引あり!

  • エストロジェル

    第4位エストロジェル

    天然の女性ホルモンエストラジオールを含有するゲル外用剤は、塗りこむだけで体内に女性ホルモンを補えます。パッチ剤ではかぶれるという方に最適です。

    複数注文で割引あり!

  • プロギノバ

    第5位プロギノバ

    閉経前後における女性ホルモン(エストロゲン)減少を主原因とする様々な体の変調や障害〈更年期障害〉を緩和する目的で、女性ホルモン(エストロゲン)補充療法として用いられ、以下のような徴候を軽減させます。

    複数注文で割引あり!

  
Copyright © エストロモンの情報サイト. All Rights Reserved.