ホルモンバランスの乱れにエストロモン

エストロモンの飲み方

 

服用方法は通常女性が服用する場合は、一日1~2錠を服用します。
主成分として、0.625~1.25mgです。
男性が服用する際は、女性化をするために服用しますので多く飲む必要がありますが、それでも一日5mgに抑えるようにしましょう。だいたい8錠までです。
服用の注意ですが、男性が服用する場合は、長期間になると男性ホルモンが分泌されなくなります。
服用をやめても男性ホルモンが復活することはありません。
どういうことかというと、精子を作れなくなりますので、よく考えて服用するようにしましょう。
女性の場合は、副作用として、頭痛やめまい、不正出血、乳房の張りやお腹の不快感が現れることがあります。
身体が慣れてくると自然と症状も軽減しますので、心配はいりません。そのほか、血が固まりやすくなる「血栓症」などを起こす場合があります。

▼▼▼エストロモンがまとめ買いで安い!▼▼▼
エストロモンの個人輸入ならTOP

プレモン

 

通販で買えるエストロモン 売れ筋ランキング

 
  • エストロモン

    第1位エストロモン

    エストロモンの有効成分が女性ホルモンのひとつである「卵胞ホルモン」を補う作用があり、通常「更年期障害」の治療に用いられます。

    複数注文で割引あり!

  • プレマリン

    第2位プレマリン

    プレマリン0.3mgは女性ホルモンの“卵胞ホルモン”を補うお薬です。
    おもに更年期障害の治療に用います。

    複数注文で割引あり!

  • プロベラ10mg

    第3位プロベラ10mg

    黄体ホルモンの不足やバランスのくずれで起こるさまざま症状を改善に使用されます。

    複数注文で割引あり!

  • エストロジェル

    第4位エストロジェル

    天然の女性ホルモンエストラジオールを含有するゲル外用剤は、塗りこむだけで体内に女性ホルモンを補えます。パッチ剤ではかぶれるという方に最適です。

    複数注文で割引あり!

  • プロギノバ

    第5位プロギノバ

    閉経前後における女性ホルモン(エストロゲン)減少を主原因とする様々な体の変調や障害〈更年期障害〉を緩和する目的で、女性ホルモン(エストロゲン)補充療法として用いられ、以下のような徴候を軽減させます。

    複数注文で割引あり!

  
Copyright © エストロモンの情報サイト. All Rights Reserved.